MLM未経験の私でも大成功!秘密の在宅ネットワークビジネス☆

正社員と派遣社員はどちらにメリットがあるのか?


>【PR】自宅でこっそり副収入を得る魔法のノウハウ


正社員派遣社員はどちらにメリットがあるのでしょうか?


正社員としてら働くくのと、
派遣社員として働くのはどちらがメリットがあるでしょうか?


C6972526-C0A4-408B-9D83-D1B52174F2A5.jpg


それは正社員で働いたほうが安定しているし、お給料もいいし、
正社員がいいに決まっている!
というのが一般的な感覚ですよね。


私も以前は派遣社員は選択肢にも入っていませんでした。


とにかく不安定なイメージで、
派遣と聞くと「 派遣切り 」という言葉が頭に無意識に浮かんでしまいます^^;


しかし、
私はもともと正社員としてサービス業をしていましたが、
以前転職をする際は事務経験が一度もなかったため、派遣社員として事務職につきました。

その後契約社員となり、通算4年くらい事務職をしていましたが、
これだけ正社員と変わらない仕事量と責任のある内容で、なぜこんなにもお給料が違うのだ…と思ってました(^◇^;)

正社​員として働くのと、
派遣社員として働くのと大きく
仕事内容や分量を変えている会社と、
派遣社員正社員も働き方が変わらない会社もあるようです。

私としては派遣だからお給料少なくててもとりあえず早く帰れる︎

であれば派​遣がいい派です。
これがなかなか入ってみないとわからないんですよね。。

ただし雑務が回って来る可能性も大で会社によっては辛くなることもあるけど(T_T)

実態は口コミサイトや実際に働いている人にコンタクトなどをとれたら1番ですね〜ヽ(*゚∀゚*)


転職サイトとハローワークどちらで転職活動するのか?


>【PR】自宅でこっそり副収入を得る魔法のノウハウ



転職サイトハローワーク
どちらで転職活動するのがいいのでしょうか?

すると考えて足を運ぶ場所として、ハローワークがあるとお思います。

私も早速ハローワ​ークに足を運んでみました!


ED05BED5-0B95-4012-86F0-328498938A49.jpg


平日・土曜日両方足を運んてみましたが、何せ人が多くて驚きました^^;

時間帯や場所にもよると思いますが、
ハローワークに職探しに訪れている人は、
40代以上の方がほとんどのような印象でした。

ハローワークの求人は、
インターネットでも閲覧ことができます。

ただ、中にはハロー​ワークでしか閲覧できない求人もあるということなので、実際に足を運べない日にインターネットをチェックしつつ、
実際にハローワークに足を運んで再度検索する。
という形が効率がいいかもしれません。

いくつか候補ができたら、
相談員の方に相談すると、
今応募している人数を教えてくれたり、仕事探しについてアドバイスがもらえたりしました^^

また、履歴書や職務経歴書の添削等もしてくれたりするので、
是非お願いしたいですね。

私は職務経歴書の文章等も丁寧にアドバイス頂けて本当にお世話になりました(^^;;

ただ、ハローワークでの求人も、
転職サイトの求人も同じですが、
残業時間や昇級、ボーナス等細かなことを書いていない会社があります。

営業職等で残業代は一定額までしか支払いがなかったり、
残業なしと書いてあるのに面接に行くと残業できますか?
と聞いてくることがあったりするので注意が必要です^^;

事実と異なる求人内容を記載している会社は要注意ですね!

入ってみたら書いてることと全然違う…とならないよう確認をするか、
違っていても、ここで働きたい!

という会社で働きたいですね^^♪

転職サイトの場合、
比較的全国店舗のある会社、
ハローワークの場合は地域の中小企業が多い印象です。

不自然にお給料の良い会社もまた要注意でやはりお給料に見合った激務なお仕事もあります^^;

私の友達はお給料重視なので、
お給料のよい最近注目されている某企業に地域・年数限定契約社員の営業職に着きましたが、
ハードワークで妊娠していても毎日深夜残業を避けられない。
残業代も一定額支給のため、
派遣社員の方が稼げる気がする…
と言っていました(°_°)

うーん…
よほどやりたい仕事!なら残業は

激務といっても人それぞれかもしれませんが^^;



最近では街頭やコンビニなどで配布しているタウンワーク等のフリーペーパーにも、アルバイト以外の求人が載っているので、
正社員、契約社員、派遣社員での
求人を探している人はチェックしてみても良さそうです^^


>【PR】自宅でこっそり副収入を得る魔法のノウハウ

転職サイトで転職活動をするメリットとは

>【PR】自宅でこっそり副収入を得る魔法のノウハウ

転職をすると決めた私は、
まずは転職サイトに登録しました。

転職サイトというのは、
転職したい人と求人している企業を、
結ぶ役割をしています。

特に営業職やサービス業など、
即戦力を求める職種の求人は、
社会人経験のある​転職希望者を望んでいる場合もあるようです。


5D3121D5-94DF-497F-8EDA-6EF5512D1C64.jpg


例えば営業をしていた人が、
違う業界の営業で挑戦してみたいと考えている場合、
企業にとって、
即戦力として欲しい人材となりやすい可能性があります。

新卒者を雇って、
営業の方法やコミニケーションについて1から研修を行うより、
絵経験者なら実績を早く上げることが出来る可能性も大きく、
教育にかかるコストを下げることができますね^^

転職サイトを利用することで企業側にもメリットがあるんですね!

転職サイトには、
マイナビ転職
ジョブセンスリンク
はたらいく
リクナビNEXT
en転職
とらばーゆ
DODA
en転職
@type


などがありますね^^

転​職活動をするにあたって、
私は多くの転職サイトに登録をしました。

10社くらいはしたかな?(^^;

各サイトによって求人している職業の傾向が違ったり、
とにかく多くの情報を得た中で、
選択した方がいいと思ったからです。

特徴としては、マイページに職務経歴書や学歴等を、
保存しておくことが出来ます。

なので志望動機だけを企業ごとに差し替えて応募が可能で、
比較的に短時間に多くの企業に応募することができます。

応募の度に履歴書を手書きせずに、
書類選考が済むのはありがたいですね!T_T

丁寧に手書きの履歴書を書くのも大事ですが、
何せ時間がかるの私は苦手です^^;

そしてもう一つの特徴は、
登録してあるマイページ(自身の職務経歴書など)を見て、
応募して欲しいという人には、
企業側からオファーが来ることがあります。

マイページのプロフィールを見てオファーが来ているため、
この時点で書類選考はほぼ通過したいうことで、
双方の合意があればその後面接という流れです。


職務経歴書をパソコンで作成し、
その文面を各サイトの職務経歴書欄に貼り付けていきました^^!

転職サイトに多いパターンとしては、
事務職や専門職よりは、
中途採用を特に即戦力として求めている営業職や、
接客メインのサービス業が多い印象を受けました。

また、転職サイトを利用して求人する企業は、
全国展開している企業が多いというのも特徴です。

そして雇用形態も正社員、
地域限定社員、契約社員、
契約社員一定年数限定、
など様々なので、よくチェックした方が良さそうですね^^



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。